看護師としての成長

一人前の看護師として大成するためには多くの研修を突破しなければなりません。看護学生時代の研修はもとより大学病院に就職してからも実務に就く前にボリュームのある研修教育を受けなければなりません。専門看護師や認定看護師を目指す人たちのための研修もあります。需要が多い看護師といえども就職難である今、看護師からのさらなるキャリアアップは注目されています。そのうちのひとつが、手術室認定看護師です。手術を受けるというのは、患者にとって不安を伴うものです。その不安を和らげたり、医師やほかの看護師との連携をうまく行ったり、もちろん器械出しや外回りの業務に長けているプロフェッショナルです。
なんにせよさまざまな研修の場で正しい知識と実習の繰り返しを体得することによって、どのようなセクションにおいても状況に応じて適切な処置が咄嗟に取れるようになって行くでしょう。
多くの実務経験を積んだ看護師は教える立場になっても適切な基礎知識から応用訓練までのストックがあるので優秀な後輩を排出することができます。日本の看護師の歴史はこれらの優れた技術が受け継がれて今日に至っており看護師は教育の場で後輩に指導することによって自分の知識や経験の再認識を行なうことが可能です。そして自分の得意分野やウィークポイントを確認することができます。さらに研修の場でプレゼンテーションを行なうことにより大勢の前でも動じることなく発言する能力やディベート力を知らず知らずのうちに身に付けていることが多いようです。単に看護業務をこなすだけでなく学会やシンポジウムでスピーチを行なうことが自然にできるようになれば病院や研究機関を代表して先端医療の技術交流の場でも力を発揮することになりますますスケールの大きな看護師として成長を遂げて行くことになるでしょう。
先端医療での仕事に興味あるかたはこちらをご覧ください。
【kangoshi-saizensen.com】


No Comments (yet)

コメントを残す